<< 『しろいろの街の、その骨の体温の』 村田 沙耶香*prev
『ひらいて』 綿矢 りさ >>*next
 

『ミリー 天使にであった女の子のお話』 モーリス・センダック、(訳)神宮 輝夫

むかし、のどかな村のはずれに、小さな女の子と母親がひっそりとくらしていました。ある日、村におそろしいいくさがやってきたため、母親は森のおくふかく、女の子を逃がすことにしたのです。「三日たったら、もどっておいで・・・」 女の子は森の中で不思議なことにであいます――。
1816年、ヴィルヘルム・グリムが、ミリーという少女にあてた手紙のあとに、このお話が書かれていました。まさに150年ぶりに発見されたグリム童話に、すぐれた絵本作家、モーリス・センダックが5年がかりで絵をつけたのが、この本です。

物語も、絵も、すべてが息をのむほどの美しさ・・・。
これまで出逢ったなかでもっとも美しい絵本、といっても過言ではないほどです。

清らかで格調高く、美しい音楽がしみ入るようにしずかな感動が私をみたす。
時間も、死さえも超えた永遠の愛の物語。――これは神さまの物語。

(原題『DEAR MILI』)
Author: ことり
海外サ行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -