<< 『死の扉』 レオ・ブルース、(訳)小林 晋*prev
『白痴 青鬼の褌を洗う女』 坂口 安吾 >>*next
 

『お気に入りの孤独』 田辺 聖子

風里(ふうり)は31歳のファッションデザイナー。東神戸の金持ちの御曹司・水野涼と結婚して3年になる。涼は、なんでも母親に相談するマザコン男だが、風里はそれも可愛いと思う。ある日、昔の男友達に誘われて行った写真展で知り合った男に好感を抱く。そんな時、涼の女性関係の噂を耳にするが・・・。
甘やかで贅沢な暮らしにさす影、忍び寄る愛と背中合わせの孤独。正直な生き方を求める女の長編恋愛小説。
Author: ことり
国内た行(田辺 聖子) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -