<< 『曲芸師ハリドン』 ヤコブ・ヴェゲリウス、(訳)菱木 晃子*prev
『流跡』 朝吹 真理子 >>*next
 

『緑の家』(上・下) バルガス=リョサ、(訳)木村 榮一

評価:
M.バルガス=リョサ
岩波書店
¥ 907
(2010-08-20)

町外れの砂原に建つ<緑の家>、中世を思わせる生活が営まれている密林の中の修道院、石器時代そのままの世界が残るインディオの集落・・・。
豊饒な想像力と現実描写で、小説の面白さ、醍醐味を十二分に味わわせてくれる、現代ラテンアメリカ文学の傑作。

密林の奥のそのまた深く、色濃い靄をかき分けさまよう繻子織のごとき迷宮文学。
いくつものストーリーをさらにこまかく砕いて、それらをランダムにならべているから、最初はなにがなんだか分からないまま読み進めることに。

物語はおもに、サンタ・マリーア・デ・ニエバ(アマゾン源流地域、修道院がある場所)、ピウラ(アンデス山脈近くの砂漠地帯、<緑の家>の建つ町)、イキートス(アマゾン流域、政治家・レアテギが実権をにぎる町)を舞台にくり広げられます。
インディオの娘たちをつれ去りキリスト教教育をほどこす修道院。
盲目のハープ弾き・アンセルモが建てた娼館<緑の家>。
繊細なハープの音色にみちびかれるように読み進んでいくと、じょじょに物語の断章がつながりあい、濃い靄のむこうからやがてじつに壮大な絵模様がうかび上がってきます。
修道院を追われ、再建された<緑の家>で働く少女・ボニファシア。アマゾンの奥地でインディオを使って密輸や盗賊行為をおこなう日本人・フシーア。フシーアをつけ狙う、イキートスの不穏な地方ボス・レアテギ。アマゾン赴任中にボニファシアと知り合う軍曹・リトゥーマ・・・複雑にからまりあいながら、過去・現実・幻想と、物語の糸を紡いでいくたくさんの個性ゆたかな登場人物たち。

むせ返るような極彩色の熱気、どろりと混濁したアマゾンの奔流にのまれるように、ただただ圧倒された物語。
読解力のなさがじゃまをして、正直かなり苦労しながらの読了だったけれど、最後にめくるめく快感を味わえたことはとてもよかったです。

(原題『LA CASA VERDE』)
Author: ことり
海外ハ行(バルガス=リョサ) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -