<< 『丘の屋敷』 シャーリイ・ジャクスン、(訳)渡辺 庸子*prev
『亮太』〔短篇〕 江國 香織 >>*next
 

『秘密の武器』 コルタサル、(訳)木村 榮一

評価:
コルタサル
岩波書店
¥ 819
(2012-07-19)

悪夢、幻想、狂気――本書は言語化されたコルタサル自身のオブセッションであり、読む者をその妖しい魔力で呪縛して読後に烈しい恐怖と戦慄をもたらす、不気味で完璧なオニリスムの結晶である。
幻想小説の至高点を求め続けた短篇の名手コルタサルの、その転換期の傑作「追い求める男」のほか、息詰まる緊張感をはらんで展開する四篇を収める。

『母の手紙』、『女中勤め』、『悪魔の涎』、『追い求める男』、『秘密の武器』。
目次をながめて、おなじ岩波文庫の『悪魔の涎・追い求める男 他八篇』の表題2作が収録されていることにあれ?と思ったのですが、あちらはたしか日本で独自に編まれた短篇集。いま思えば短篇ベスト10選、というところだったのかもしれません。

はじめて読んだなかでは『秘密の武器』がお気に入り。
主人公の心に入り込んだ別の人間が、ガールフレンドにかつての恐怖体験をよみがえらせる・・・そんな独特の緊張感にみちた物語です。
曖昧に表現された幻想世界、思いもかけない結末。さすがコルタサル!なお話だと思いました。

(原題『LAS ARMAS SECRETAS』)
Author: ことり
海外カ行(コルタサル) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -