<< 『ほんものの魔法使』 ポール・ギャリコ、(訳)矢川 澄子*prev
『Layered』 松尾 たいこ >>*next
 

『街角の煙草屋までの旅』 吉行 淳之介

坂の上の角の煙草屋まで行くのも旅だと考え、自分の住んでいる都会の中を動くことに、旅の意味を見出す表題作。小説作品のモチーフになった色彩体験を原風景に遡って検証する「石膏色と赤」ほか、心に残る幼年時代の思い出、交遊、文学観、なにげない日常の暮らしや社会への思いなど、犀利な感性と豊かな想像力を通して綴る「人生の達人」の珠玉のエッセイ選。吉行文学の創造の秘密が詰まった四十七篇。
Author: ことり
国内や・ら・わ行(吉行 淳之介) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -