<< 『密会』 ウィリアム・トレヴァー、(訳)中野 恵津子*prev
『ブルックリン』 コルム・トビーン、(訳)栩木 伸明 >>*next
 

『贅沢貧乏のマリア』 群 ようこ

評価:
群 ようこ
角川書店
---
(1996-04)

父森鷗外に溺愛されたご令嬢が安アパート住いの贅沢貧乏暮らしへ。
永遠に夢みる作家、森茉莉の想像を絶する超耽美的生き方を、憧れとため息とともにたどった、趣深く斬新な全く新しい人物評伝。

うーーん。群さんの主観があまりにも強すぎて、‘森茉莉の評伝’としてはあまりおすすめできないです。
マリアさんの本を読んだことのない方が、この本を読んでマリアさんを知った気になられるのはちょっとかなしいかも・・・。

私はマリアさんの熱狂的ファンというわけじゃないけれど、彼女のエッセイをたくさん読んできて、私なりに彼女の「贅沢貧乏」の精神を理解しているつもりです。
お金がなくても、人生をすばらしく、ばら色にできるものがある――
そういう文章は、読んでいるだけでシアワセでみたされた気持ちになれます。
マリアさんはたしかに我儘で夢みがちなお姫さまみたいな人。でもそれは唯一無二の、彼女だからゆるされた特異な性質。群さんは彼女の生い立ちから性格、結婚生活から親子関係まで、すべてをご自分やその身辺とくらべているのですが(そもそもそういう構成で書かれた本です。)、世間一般とくらべること自体ナンセンスだと思うのは私だけでしょうか・・・。
それに群さんは、マリアさんの精神の核心ぶぶん――「贅沢貧乏」の本質、一ばん大切なぶぶん――に共感できないみたい。それなのに「憧れ」ている? じゃりじゃりした違和感を抱きながら読んでいた私・・・。

‘群ようこのエッセイ’としてならおもしろく読めるかもしれません。
でも、マリアさんの精神にかぎっては、この本ではなくマリアさんご自身の文章から感じとってほしい、そう思いました。(生意気言ってごめんなさい)
Author: ことり
国内ま行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -