<< 『おうさまのおひっこし』 牡丹 靖佳*prev
『嵐のピクニック』 本谷 有希子 >>*next
 

『夕べの雲』 庄野 潤三

何もさえぎるものない丘の上の新しい家。
主人公はまず“風よけの木”のことを考える。
家の団欒を深く静かに支えようとする意志。季節季節の自然との交流を詩情豊かに描く、読売文学賞受賞の名作。

ほのぼのとした筆致で描かれてゆく、1960年代のある家族の物語。
緑にかこまれた小高い丘のうえの家、素直でやんちゃな3人の子どもたち。主人公の大浦は曇りのない目で、平凡な日々のなかにある季節のうつろいや子どもたちの成長をみつめます。
刻々とかたちを変えてゆく雲のような一瞬一瞬を、大切に、やさしく抱きしめるように。

たとえば、大浦の長女・晴子が修学旅行に行っているときのこんな描写・・・
いつも大浦は仕事にかかる前に、鉛筆を何本か持って晴子の部屋へ行くのだが(彼女の部屋に鉛筆削りが備えつけてあるので)、不思議なもので晴子が旅行に出かけた後は、ふだんの部屋の空気と違っている。
たとえば、梨売りのお爺さんのまえで交わす大浦と細君のこんな会話・・・
「なるほど、赤梨青梨というのは、いい名前だな」
「そうですね。赤鬼青鬼みたいで」

夏休みの宿題のこと、テレビアニメのこと、お誕生日のコロッケのことなど、もうほんとうになんでもないようなできごとがじんわりと心の奥までしみてきます。お父さんのつつみ込むようなまなざしで書かれたお話を読んでいると、幸せだった子ども時代が懐かしくよみがえって、ほろりと切なく温かな気持ちになるのです。
次男の正次郎が冬至の日に風邪をひき、せっかくの柚子湯に入れないときのやさしいエピソードがとくに好きでした。
ささやかな日常生活にぽっと灯るような、たくさんの幸せやすてきなことを見つけだせる人。そんな人に私もなりたいな・・・。
Author: ことり
国内さ行(庄野 潤三) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -