<< 『きつねのはなし』 森見 登美彦*prev
『桜ハウス』 藤堂 志津子 >>*next
 

『一瞬の風になれ』(全3巻) 佐藤 多佳子

天才サッカー少年の兄の背中を追い続けてきた新二、天賦の才能でスプリンターの名を欲しいままにできるはずの連。幼馴染の二人が高校で陸上部に入ったところから始まる物語。
男のコ目線で爽やかに語られていく、高校陸上・ショートスプリントの世界。けっして強豪ではない公立の高校で夢の大舞台・インターハイをめざす部員たちの姿が、「イチニツイテ」、「ヨウイ」、「ドン」というサブタイトル通り、まさにそんな感じで巻を追うごとに加速して描かれていくお話です。

じつは小中高とスプリンターだった私・・・お話に入りこみながらもいろんなシーンで記憶がよみがえり、自分を重ね合わせてしまってばかりいた気がします。
佐藤さん、きっとものすごく取材されたのでしょう。こまかなところまでかなり忠実で、ほんとウソがなく、どっぷり‘あのころ’に引き戻されました。
私は「近畿」だったから「南関東」をめざす彼らとは違うぶぶんもあったのだけど、新二とは種目もおなじ100mと200mと4継リレー・・・練習メニューなど目に見えるものはもちろん、選手たちのちょっとした心の動きまでが過去の記憶をよび覚まします。

日々の苦しい練習。死ぬかとおもった合宿。
怪我、挫折、歓喜、友情、恋愛。
0.01秒に泣いたこと、バトンミスで失格になったくやしさ、準決勝・決勝と進むにつれのしかかる重圧、近畿大会に出られたときの自分の体じゃないみたいな高揚感・・・
部室の汗と土とエアサロのまじったような匂いから、みんなの「ファイット!」って声、競技場のタータンを並行ピンのスパイクで踏みしめたときの感触まで・・・
ぜんぶ昨日のことみたい。
もう陸上から離れてずいぶん経つのに、いつまで経っても‘あのころ’って消えない。
それはもうにどと戻ってはこないから、その過ぎた日々たちが今、キラキラまぶしく愛おしいのでしょうね。
陸上をやってよかった。みんなに、先生に、出会えてよかった。感謝の気持ち、言葉にならない思い、そういうすべてがつまっていて、涙がとまらなかった本です。陸上に縁がある人もなかった人も・・・このすばらしい世界を感じてもらえたらうれしい。
「スプリントは残酷だ。
 でも、こんなに爽快なものはないな」

目をとじればうかんでくる競技場・・・赤茶色と緑のコントラスト。
人びとのざわめきと、一瞬の静寂。
あのとき私は百分の一秒を競う世界にいた。
私はたしかに、一瞬の風になってた。
Author: ことり
国内さ行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -