<< 『ホンドとファビアン』 ピーター・マッカーティ、(訳)江國 香織*prev
『唇に小さな春を』 稲葉 真弓 >>*next
 

『二流小説家』 デイヴィッド・ゴードン、(訳)青木 千鶴

ハリーは冴えない中年作家。シリーズもののミステリ、SF、ヴァンパイア小説の執筆で何とか食いつないできたが、ガールフレンドには愛想を尽かされ、家庭教師をしている女子高生からも小馬鹿にされる始末だった。だがそんなハリーに大逆転のチャンスが。かつてニューヨークを震撼させた連続殺人鬼より告白本の執筆を依頼されたのだ。ベストセラー作家になり周囲を見返すために、殺人鬼が服役中の刑務所に面会に向かうのだが・・・。アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀新人賞候補作。

書いても書いてもちっとも売れない、おまけに私生活も冴えない中年作家ハリー・ブロックが主人公。
ある日、彼が生活費稼ぎのために書いているポルノ小説のファンだという死刑囚から自伝代筆依頼が舞いこみます。依頼人は連続猟奇殺人事件の犯人ダリアン・クレイ。ハリーは大興奮したのもつかのま・・・とんでもない事件に巻き込まれて――?!

とぼけたダメ男の迷走っぷりを中心に、前半はかなり冗長なゆっくりペースで進行します。(本筋のストーリーがなかなか動きださない・・・)
ゴーストライター人生を歩んできたハリーが「ぼくの実名で、ぼく自身の声で世に出すはじめての作品」というカタチをとっているこの小説は、時おりハリーが別名義で書いた小説(断片)をはさみ込みながら進み、やがて後半に入るとダリアンの兇行をそっくりまねた連続殺人事件が起こり、物語もいっきに加速してゆきます。
手の込んだ構成に加え、いやらしい性的表現やグロテスクな描写、ラストまぢかで明かされる驚きの真相、作者の文学論や主人公のぼやき・・・とにかく盛りだくさん。うーーん、たしかに面白かったけど、読後はぐったりした疲労感のほうがまさってしまいました・・・。

(原題『The Serialist』)
Author: ことり
海外カ行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -