<< 『ムーミン谷の冬』 トーベ・ヤンソン、(訳)山室 静*prev
『ムーミン谷の仲間たち』 トーベ・ヤンソン、(訳)山室 静 >>*next
 

『三人の乙女たち』 フランシス・ジャム、(訳)手塚 伸一

評価:
フランシス・ジャム
岩波書店
¥ 713
(2012-02-17)

信心ぶかくて純潔なクララ・デレブーズ。情熱的でまっすぐなアルマイード・デートルモン。愛らしくて傷つきやすいポム・ダニス。三者三様に美しく清らかな乙女たち。「処女のゆらめく美しさをわたしほどに感じとった人が今までにいたとは思えない」とジャムは言った。自然と愛の詩人が描く、散文詩のように美しい3つの物語。

ほうう・・・、なんて清らかな乙女たち・・・。
抱きしめられただけで妊娠したと勘違いしてしまうクララ、牧童との素朴で情熱的な恋に落ちるアルマイード、足が悪いことをコンプレックスに思うあまり好きな人からの求愛を退けてしまうポム――19世紀のフランス、田舎貴族の娘たちをめぐる淡い恋の三部作。

あまりにも純粋で、繊細で、やさしく美しい心。
花言葉をノートに写したり、刺繍をしたり、菫の花束をつくったり・・・ふわふわ可憐な乙女たちが、たくさんの花々や木々が織りなすのどかな自然風景とともに甘くうっとりと描きだされてゆきます。
乙女たちの熱い吐息や恥じらいがすぐそばで感じられるぶん、その清らかさゆえの危うさや脆さ、純粋すぎる想いがもたらす不幸せな結末が哀しくて――・・・。
まるでお菓子とレースでできたような儚い文章、この時代ならではのロマンの香り高い物語です。

おお、愛する乙女よ、波間に浮かぶ白鳥の歌のように長い
最後の愛のすすり泣きの中に、ぼくがおまえの
金色の肌の上で一瞬ふるえ、そして死にますように、
鳩たちが泣く中の雷雨の名残の風のように。
ぼくは死にながら、乙女たちが生きている姿を見たい。
乙女たちに来るように言って下さい、そして乙女たちの大きな帽子が、
その日よけ帽が、杏の果肉よりもっとなめらかで
もっと甘いぼくたちのくちづけの上でふるえますように。
(巻頭詩『乙女たちに愛されて死ぬための祈り』より)

(原題『CLARA D'ELLÉBEUSE / ALMAÏDE D'ÉTREMONT / POMME D'ANIS』)
Author: ことり
海外サ行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -