<< 『アカネちゃんの涙の海』〔再読〕 松谷 みよ子*prev
『ムーミン谷の彗星』 トーベ・ヤンソン、(訳)下村 隆一 >>*next
 

『夢の浮橋』 谷崎 潤一郎

評価:
谷崎 潤一郎
中央公論新社
¥ 780
(2007-09-22)

若くして死んだ母そっくりの継母。主人公は継母へのあこがれと生母への思慕から、二人の存在を意識のなかでしだいに混同させてゆく。谷崎文学における母恋物語の白眉。ほかに晩年のエッセイ四篇を収載。

ほととぎすを詠んだ歌、二人の母親への奇矯な感情。倒錯する物語。
生母と継母・・・二人の曖昧な思い出が、主人公・糺(ただす)のなかでまざりあい、一体化されてゆきます。生母のお乳を5つになるまで吸い、13歳になっても継母の乳房を舐っていた糺。甘ったれたまま20歳をすぎた彼をいまだ誘惑する産後の継母の艶かしいこと。
「あんた今でも乳吸うたりお出来るやろか、吸えるのやったら吸わしたげるえ」
谷崎さんの文章は流麗なうえに凄みがあって、油断がならないのです。
純粋な思慕からどんどん背徳的でエロティックな危うさを帯びていく糺と継母。親類たちはそんな彼らのただならぬ仲についてさまざまに邪推します。父や継母、妻の思惑が最後まで混沌としていることも、ざらざらした不穏なここちを残すようでした。このざらりとしたシコリこそが、この小説の魅力のひとつなのかしら・・・。

『夢の浮橋』のほかはすべてエッセイ。
『親不孝の思い出』、『高血壓症の思い出』、『四月の日記』、『文壇昔ばなし』。
Author: ことり
国内た行(谷崎 潤一郎) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -