<< 『ダニエルのふしぎな絵』 バーバラ・マクリントック、(訳)福本 友美子*prev
『時のかさなり』 ナンシー・ヒューストン、(訳)横川 晶子 >>*next
 

『たまごって ふしぎ』 アリス&マーティン・プロベンセン、(訳)こみや ゆう

評価:
アリス・プロベンセン,マーティン・プロベンセン
講談社
¥ 1,680
(2012-01-21)

ここに ちいさな すが ひとつ
なかには ちいさな たまごが ふたつ
なんの たまご?
だれの たまご?

これは、ハチドリのたまご。これは、ガチョウのたまご。これは、カエルのたまご。
みんなたまごを産んで、こどもをふやす。
ペンギンは氷の国でたまごを産むし、カモメは海のそばでたまごを産むの。ハリモグラやエミューもたまごを産む動物なのよ。
たまごには、だいじなあかちゃんがはいっているの・・・
ひとつひとつときほぐすように語りかけてくれる、やさしくてかわいいたまごの絵本。

たまごって ふしぎ
たくさんの おどろきが つまってる

ふわっとかすれた風合いの消しごむハンコっぽい絵がおしゃれです。
長いまつげの女の子と、ニタニタ笑ってるこねこたちの表情がたまらなく好き。

(原題『WHO'S IN THE EGG?』)
Author: ことり
海外ハ行(プロベンセン) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -