<< 『すいかの匂い』 江國 香織*prev
『夫婦茶碗』 町田 康 >>*next
 

『強運の持ち主』 瀬尾 まいこ

評価:
瀬尾 まいこ
文藝春秋
¥ 1,300
(2006-05)

瀬尾まいこさん久々の新作は、元OLの占い師・ルイーズ吉田が主人公。
なにごとも長続きしないタチの彼女が占い師という職業を選んだのもテキトーなら、その占いぶりもかなりテキトー。はじめこそ占い本を駆使してまじめに占っていたけれど、だんだんその人を見たときの‘直感’で占うように。
そんないんちき占い師のルイーズが、お店を訪れるまよえる人びとと出逢い、奮闘し、自分もまた大切なものに気づき成長していく姿を描いた連作短編集。

瀬尾さんの本はいつも、とても読みやすいのに、でもしっかり届いてくる感じが好き。
ほんの数時間ですっかり読み終わってしまうのに、ほんわりした空気と、ほんとうに大切ななにかを、ちゃんと残していってくれる感じ。
主人公のルイーズはけっして‘イイコ’じゃありません。占いを悪用して、お客さんの恋人を横どりしてしまったり・・・なんてちょっぴり?自分本意なところもあったりして。でも、瀬尾さんの手にかかるとそれすらもいい意味での人間くささに思えてくるから不思議なのです。とくに3話めの『おしまい予言』で、「物事の終末が見えてしまう」という武田君から、自分が‘おしまい予言’されてしまったルイーズの慌てぶりは、そういう人間っぽさみたいなものがよく表れていました。
ルイーズは、占い師というちょっと特殊なことを職業にしているだけの、ごくふつうの女の子。そんな彼女が占いを通して、そこに通う人たちの悩みを通して、日常や生活こそがかけがえないものなんだって気づいていく。それがすごく爽やかに、さりげなく描かれていて、読んでいるだけで前向きな気持ちが湧いてくるのです。

占いは、なにかに行きづまったとき、ちょんと背中を押してくれるかもしれない。
勇気やキッカケをくれるかもしれない。
だけど、占いばかりにふりまわされて、大切なものを見失ってちゃいけないよね。
「ちょっとした気持ちの持ち方次第で明日は開ける」ものだろうし、
「いざとなれば、あてになる人が周りには結構いる」はず。
うん。それを忘れないでいよう。
Author: ことり
国内さ行(瀬尾 まいこ) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -