<< 『ヴァインランド』 トマス・ピンチョン、(訳)佐藤 良明*prev
『シチリアを征服したクマ王国の物語』 ディーノ・ブッツァーティ、(訳)天沢 退二郎、増山 暁子 >>*next
 

『雉猫心中』 井上 荒野

評価:
井上 荒野
新潮社
¥ 637
(2011-11-28)

雉猫に導かれて男女は出会った。男には妻と娘がいた。女には中学教師の夫がいた。貪り合う二人。これは愛なのか。夫の奇妙な性癖、近所の不気味な老人、理解不能な中学生たち。二人とともに景色も蠢く。どうしてもやめられなかった、どちらかの身が滅びるまでは――。
男女それぞれの視点から同じ出来事を語り、嘘やすれ違う感情を重層的に描き出した、著者の新境地を示す恋愛長編。

それぞれに家庭をもつ男女の性愛を描いた小説だから、当然爽やかに読めるはずもないのだけれど・・・それにしてもひどく不気味なお話でした。
甘美な感傷はことごとく排除され、あるのはただ、生身の肉体と欲望だけ。

ある日一ぴきの雉猫を介して、退屈な主婦・知子と影のある男・晩鳥(ばんどり)は知りあいます。時間を置かずお互いをもとめる二人ですが、でもこれはたんたんと破滅に向かうさまをうつし出すような、月並みな不倫小説ではありませんでした。
まずは女性が語り、おなじできごとを男性の視点からもう一度語るという構成。たとえば二人が出会うシーンで、知子は晩鳥に孤独を感じ、晩鳥は知子に物欲しそうな目線を見るなど、たがいの思惑の違いや嘘までもうかび上がらせてゆきます。
強く執着しているようなのに、どこか身勝手で冷めたところもある二人。彼らをとりまく人たちもみな異様な妖しさをまとい、そんなざらざらした緊迫のなかで知子と晩鳥はこっそりと、けれど激しく貪りあう・・・行間から官能がしたたり落ちて、哀しくていやらしい関係がなまなまと迫ってくるのです。

けだるく、艶かしく、辺りを埋めつくす張りつめた狂気・・・
けっして共感はできないし、どこまでも不毛な小説だとも思うけれど、内側から揺さぶられるような凄みを感じてしまったのもまた事実なのです。
Author: ことり
国内あ行(井上 荒野) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -