<< 『君のいない食卓』 川本 三郎*prev
『ゆきのおしろへ』 ジビュレ・フォン・オルファース、(訳)秦 理絵子 >>*next
 

『わたしのかわいいめんどり』 アリス・プロベンセン、マーチン・プロベンセン、(訳)きしだ えりこ

評価:
アリス プロベンセン,マーティン プロベンセン
ほるぷ出版
¥ 1,260
(2005-08)

パーカーさんは、エッタという名前のめんどりをかっています。
パーカーさんの娘のエミリーも、エッタが大好きです。
エッタはエミリーのために、卵を一つうみました。エミリーはその卵をどうするかしら。
食べちゃう? いいえ、とっておきました。するとまもなく・・・

1976年刊の新版。クラシカルな風合いがたまらなく素敵な絵本です。
家族アルバムふうの絵がなつかしくてあたたかくて・・・ページをめくるにつれてあまくやさしい気もちでみたされていくのを感じます。手書き文字で書かれた文章も、ちいさな子に語りかけるようなかわいらしさでひびくのです。
生まれたばかりのひよこには危険がいっぱい。フワフワかよわいひよこのネディを少女エミリーとりこうな犬のラルフ、そしておかあさん(めんどり)のエッタはたいせつにまもってあげます。
『かえでがおか農場のいちねん』の豊かさと素朴さをほんのり思いだしました。
プロベンセン夫妻の絵本はほんといいなぁ〜。

(原題『MY LITTLE HEN』)
Author: ことり
海外ハ行(プロベンセン) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -