<< 『とける、とろける』 唯川 恵*prev
『歪んだ匣』 永井 するみ >>*next
 

『三好達治詩集』 三好 達治

三好達治さんの詩にはじめてふれたのは、教科書に載っていた『大阿蘇』でした。
「雨の中に馬がたつてゐる」ではじまるあの詩です。
ぐっしょりと濡れそぼって草をたべている馬たち。山が煙をあげ、雨が蕭々と降りつづくさま――そう、「蕭々と」というフレーズがとても印象深かった・・・。
この本には、詩集『測量船』の全篇と、あとは『南窗集』、『硫崕検戞◆懣福戞◆懷臉蚓ぁ戞◆悵貪西癲戞◆慊菜集』、『寒柝』、『花筐』、『干戈永言』、『故郷の花』、『砂の砦』、『駱駝の瘤にまたがつて』、『百たびののち』のそれぞれの詩集から少しずつえらばれた詩とエッセイが掲載されています。

三好達治さんの日本語はほんとうにうつくしい。
私は詩にはまったく詳しくありませんが、彼は私のなかでもっとも‘うつくしい’詩人に位置づけされています。『大阿蘇』をはじめ、『いにしへの日は』(この詩集には未収録)、『甃のうへ』などどれも流れるような言葉のつらなりがうつくしく、いつもうっとりと酔わされてしまいます。
うつくしくて、はかなくて、哀しくて、なつかしい――
三好さんのつむぎ出す清らかな言葉たち、その情景に心ゆくまでみたされました。

母よ――
淡くかなしきもののふるなり
紫陽花いろのもののふるなり
はてしなき並樹のかげを
そうそうと風のふくなり

時はたそがれ
母よ 私の乳母車を押せ
泣きぬれる夕陽にむかつて
轔々と私の乳母車を押せ (『乳母車』より)

太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。
次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。 (『雪』)

ゆくすゑをなににまかせて
かかるひのひとひをたへむ

いのちさへをしからなくに
うらやまのはやしにいれば

もののはにあられふりける
はらはらとあられふりける (『あられふりける 一』)
Author: ことり
国内ま行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -