<< 『つばさをちょうだい』 ハインツ・ヤーニッシュ、(絵)ゼルダ・マルリン・ソーガンツィ、(訳)中村 智子*prev
『台所太平記』 谷崎 潤一郎 >>*next
 

『あそびましょ』 いしい むつみ、(絵)こみね ゆら

評価:
いしい むつみ
アリス館
¥ 1,365
(2011-08)

にちようび。
パパは おしごとで おでかけ、ママは そうじを はじめたので、
わたしは、つまらなそうな あやこを つれて、はらっぱへ いきました。

原っぱで、わたしはじっとすわったまま、あやこがしろつめくさを摘むのをながめていました。足もとには、ありやカエルが通りすぎていきます。水たまりの小石にとまったかとんぼは、空高くふうわりふうわりのぼっていきました。
やがて、あやこがしろつめくさのかんむりを、わたしの髪にかざってくれて・・・。

スモーキーな色合いで描かれていく、わたしとあやこの倦んだひととき。
途中まで、『わたしとあそんで』(マリー・ホール・エッツ)のようなおはなしかしらと思っていたら・・・最後のページ、一瞬で空気が凍り、世界がひっくり返ります。
かわいらしいなりをして、すうーっと怖いくせ者絵本。

そらは、とても たかくて、あおいのです。
そして、どこまでも、どこまでも、ひろがっているのです。
Author: ことり
国内あ行(石井 睦美) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -