<< 『私の小さなたからもの』 石井 好子*prev
『黒蜜』 小池 昌代 >>*next
 

『私自身のための優しい回想』 フランソワーズ・サガン、(訳)朝吹 三吉

評価:
フランソワーズ サガン,朝吹 三吉,Francoise Sagan
新潮社
---
(1995-07)

慎み深い情熱と愛情を、人と同じようにギャンブルやスピードにもそそぐサガンはどのように私生活を愛しているのでしょう。文壇の寵児になった19歳から30年間に、サガンが出会った愛する人々(ビリー・ホリデイ、T・ウィリアムズ、オーソン・ウェルズ、ヌレエフ、サルトル)や愛する事物(賭博、スピード、芝居、サントロペ、愛読書)について繊細な感性で綴るサガンの最高の思い出。

悲しみよ こんにちは』、『愛は束縛』、『ブラームスはお好き』――
かつて、少女の頃に大好きだったフランソワーズ・サガンの恋愛小説たち。たっぷりと豊潤で、色っぽくて、それらはフランスの街角とおとなの香りがした。
甘美でほろ苦く、からだの芯までしみわたるような男と女の物語を数々世に送り出した著者による、この本は自身についての回想記(エッセイ)です。

波瀾にみちた人生。稀有な感受性と、無駄のない聡明な文章。
スピード狂でギャンブル好きな一面さえも、さりげないユーモアをまじえながらかろやかに語っています。確固たる自分をもち、子どものような可愛らしさと、まわりを――そして自分自身をも――醒めた目で見つめる大人っぽさを兼ね備えた人。
冷静で、それでいて素敵に愛情深い人。

文学への愛について語られる、最後の章がひどく印象的でした。
こういう読書体験をしていたからこそ、あんなふうに読み手の心を焦がし、するどく色鮮やかな恋愛小説が書けたのだ・・・そう確信してしまった私です。
あの初めてのキッスのとき雨がふっていただろうか、あるいはあの人が私に別れを告げたとき目をふせていただろうか? 私にはまったく記憶がない、私自身があまりにも強烈に生きていたからだ。そして自分自身の存在が十全に感じられるためには、私は自分の代りに誰かを生きるに任せなければならなかった、つまりその誰かの生きる姿を読むことが必要だったのである。

(原題『AVEC MON MEILLEUR SOUVENIR』)
Author: ことり
海外サ行(サガン) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -