<< 『私のミトンさん』 東 直子*prev
『「父の娘」たち―森茉莉とアナイス・ニン』 矢川 澄子 >>*next
 

『うきわねこ』 蜂飼 耳、(絵)牧野 千穂

評価:
蜂飼 耳
ブロンズ新社
¥ 1,470
(2011-07)

えびおのお誕生日に、おじいちゃんからとどいたうきわ。それは、ただのうきわではありませんでした。待ちに待った満月の夜に、えびおがうきわをふくらませると、月にひきよせられるようにのぼっていきます。
この夜えびおが体験した、わすれられない出来事とは・・・?

しぼんだうきわをもった子猫の表紙。
ふわふわのちっぽけなからだ、うるんだ瞳がたまらなく可愛いです。
そんな表紙をひらいてみると、「わあ〜・・」 そのままなかに歩いていけそうな素敵な奥行き。ふうわり広がるやさしい世界。
子猫のえびおは、恰幅のいいおじいちゃん猫と幻想的な一夜をすごします。ぷかりぷかりお空をおよいで・・・、のびやかで大胆な、夢いっぱいの蒼い冒険。
読みながらこの夜にとけ込んでしまいそうな、どこまでも気持ちのいい絵本でした。


「うきわねこ」原画展に出かけました。
サイン本です↓ <2011年10月追記>
Author: ことり
国内は行(蜂飼 耳) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -