<< 『はりもぐらおじさん』 たちもと みちこ*prev
『針さしの物語』 ド・モーガン、(訳)矢川 澄子 >>*next
 

『ジャンピング・ジェニイ』 アントニイ・バークリー、(訳)狩野 一郎

屋上の絞首台に吊された藁製の縛り首の女(ジャンピング・ジェニイ)――小説家ストラットン主催の“殺人者と犠牲者”パーティの悪趣味な余興だ。ロジャー・シェリンガムは、有名な殺人者に仮装した招待客のなかの嫌われもの、主催者の義妹イーナに注目する。そして宴が終わる頃、絞首台には人形の代わりに、本物の死体が吊されていた。探偵小説黄金期の雄・バークリーが才を遺憾なく発揮した出色の傑作。

うわ〜〜、なんとも複雑。でも、おもしろい!
何重構造?と思うくらいに真相が入り乱れ、折り重なっていくミステリーです。
もちろん事件の真相はたったひとつなのだけど、ほんとうの真相と、読者が誘導される‘真相’と、登場人物たちがそれぞれに思い込まされてしまういくつもの‘真相’が毛糸だまのごとくからまっているのです。
そもそも、縛り首の死体となるのが「いけすかない女」「殺されてしかるべき人物」とみんなから疎まれているイーナであることが物事をややこしくします。彼女は殺されたのだ!と察しつつも‘犯人’をかばい、警察に‘自殺’だと信じさせるために偽証の相談をする・・・パーティの出席者たちが奇妙に一致団結するのが可笑しい。
そしてこれがありふれた探偵小説と一線を画しているのは、本来なら事件を解決する役割にある探偵(ロジャー・シェリンガム)が思わず証拠隠しに手を染め、事態を引っかき回してしまうところ。やることなすこと裏目にでてしまいアタフタするロジャー。そんな迷走っぷりをにんまりしながら見守っていると、最後の最後で私たち読み手が信じていた‘真相’すら覆されるのだからたまりません。
ユーモアとウィットに富んだ、まったく心憎いミステリーなのです。

(原題『JUMPING JENNY』)
Author: ことり
海外ハ行(バークリー) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -