<< 『深い深い水たまり』 奈良 美智*prev
『台所のおと』 幸田 文 >>*next
 

『バタをひとさじ、玉子を3コ』 石井 好子

料理エッセイの名著『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』の著者による単行本未収録エッセイ集。50年代のパリで培われたエレガンスとエスプリ溢れる、食いしんぼう必読の一冊。

昨年亡くなられた石井好子さんの単行本未収録エッセイをまとめた本。
巴里の空の下―』も装丁が可愛くて大好きな本だけれど、この本も手にとるだけで幸せになれちゃう素敵さ・・・。

中がとろけたチーズトースト、あますところなくいただくフランス料理のソース、ブランデーがじゅくじゅくに染みたトライフル、まっ白な塩にぎり、デリケートなふぐのから揚げ、白魚のつくだにのサンドイッチ、「小川軒」のオックステールシチュー、クツクツ煮えた玉子グラタン・・・ああ、いまこれを書いているだけで、ごくん、と喉が鳴ります。
台所にはいって冷蔵庫や戸棚をあけ、「何もないわね」と困ったときが、私にはなんだか楽しいときだ。
つくるのも食べるのも大好き!、そんな石井さんらしさがあふれている一冊でした。
半世紀ちかくまえに書かれたエッセイもあり、古きよき時代のフランス・日本の香りがそこかしこから漂ってきます。「バタ」という言葉の字面ひとつとっても、私たちが知っているバターとはぜんぜんちがう美味しさやふくよかな風味がありそうな気がしてくるから不思議です。
Author: ことり
国内あ行(石井 好子) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -