<< 『愛蔵版 冷静と情熱のあいだ』〔再読〕 江國 香織、辻 仁成*prev
『バタをひとさじ、玉子を3コ』 石井 好子 >>*next
 

『深い深い水たまり』 奈良 美智

評価:
奈良 美智
角川書店
¥ 2,730
(1997-11)

かわいくてこわい独特の画風で注目される美術作家・奈良美智。
記憶の底に触れるようなその作品に、大人は在りし日の自分の姿を、子供たちは心のなかの色々な想いを重ねる。既成の枠にとらわれない表現を追求してきた作家が、自ら作品を厳選して完成させた待望の本。
アジア・アメリカ・ヨーロッパ・・・世界の美術愛好家が魅せられた期待の若手アーティスト、初の絵画集。

上目遣いのちょっといじわるそうな子どもの表情・・・一度みたら忘れられない奈良美智さんの画集をひらいてみました。
たった一人で、すっくと立って、いどむように生きている子どもたち。
彼の描くコはみんなつんとすました動じなさがあるけれど、繊細で傷つきやすい自分をひっしに護っているようにも見えて、それはどこか痛々しくも感じられるのです。

形にならない真実にくらべたら
形になっている芸術の価値なんて

本当の物こそ形にならない
言葉にならない

奈良さんはいつも、言葉にならない‘本当の物’だけを見つめているんだなあ。
Author: ことり
国内な行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -