<< 『パリの小鳥売り』 ロベール・ブラジヤック、(訳)高井 道夫*prev
『第二の銃声』 アントニイ・バークリー、(訳)西崎 憲 >>*next
 

『しらゆき べにばら―グリム童話』 バーバラ・クーニー、(訳)鈴木 晶

ばらの季節なので、なんだか懐かしくなって手にとってみました。
小さい頃にうちにあったお気に入りの童話です。でも、クーニーさんの絵で読むのはこれがはじめて。まっ白なページのうえにローズピンクの絵の具がのって、見た目にも白と赤で描かれているのがとてもおしゃれな絵本。

なかよし姉妹のしらゆきとべにばら。おかあさんを大事にして、よく働き、ちいさな家をいつも清潔にたもちます。そんなふたりの家に雪の夜クマさんがたずねてきたり、おつかいのとちゅうではたびたび長いおひげのいじわるな小人に出逢ったりするおはなしです。
少女たちのみずみずしく白い肌、ばら色のほほ。かわいらしい洋服――たっぷりしたブラウスやあたたかそうなショール、水玉模様のエプロンスカート。
クーニーさんの絵で読むと、またちがったいきいきした魅力が感じられてうれしい。
もじゃもじゃのクマさんのおおきな背中も、恩知らずな小人のしかめっつらも、繊細な筆さばきで表情豊かに描かれています。
だいすきなクマさんを姉妹がぎゅっと抱きしめている表紙の絵もいいな〜。

(原題『SNOW-WHITE AND ROSE-RED』)
Author: ことり
海外カ行(クーニー) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -