<< 『銀の匙』 中 勘助*prev
『ヴァレンタインズ』 オラフ・オラフソン、(訳)岩本 正恵 >>*next
 

『毒入りチョコレート事件』 アントニイ・バークリー、(訳)高橋 泰邦

ロジャー・シェリンガムが創設した「犯罪研究会」の面面は、迷宮入り寸前の難事件に挑むことになった。被害者は、毒がしこまれた、新製品という触れ込みのチョコレートを試食した夫妻。夫は一命を取り留めたが、夫人は死亡する。だが、チョコレートは夫妻ではなく他人へ送られたものだった。事件の真相や如何に?会員たちは独自に調査を重ね、各自の推理を披露していく――。

1929年に書かれたというミステリーです。
毒入りのチョコレート・ボンボンによる殺人事件。事件そのものはシンプルなのに、手がかりはごくわずか・・・たったひとつの事件にたいして、6人もの探偵役――英国の頭脳明晰な紳士淑女たち――が夜ごとさまざまに推理合戦をくり広げます。
この推理が六者六様。目のつけどころから証明方法、もちろん指し示す‘犯人’まですべてばらばら。しかもそれぞれ自信たっぷりに論理だてて語られ、そんな(その時点では)完ぺきとも思えた推理がつぎの晩にはほかのメンバーによってあっさりと覆されるのだから、おもしろいです。
語り手がかわるたび、くるくると誘導されてしまった私・・・。ひとつの出来事が、角度を変えるだけでこんなにも幾通りもの見え方をするなんて・・・。
ラストはまったく予想外で、それを語りすぎずにさっと幕を下ろしてしまうところもさすが。まだまだなにか秘めていそうな、そんな気持ちすらよぎります。

こっくりとした深み、ほろ苦い口どけ、芳醇な香り。
チョコレート・ボンボンがよくにあう、エレガントで贅沢なミステリーでした。

(原題『THE POISONED CHOCOLATE CASE』)
Author: ことり
海外ハ行(バークリー) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -