<< 『しんとしずかな、ほん』 デボラ・アンダーウッド、(絵)レナータ・リウスカ、(訳)江國 香織*prev
『七人のおば』 パット・マガー、(訳)大村 美根子 >>*next
 

『サーカスのしろいうま』 石津 ちひろ、(絵)ささめや ゆき

家族のいないミハエルはサーカスに引き取られますが、何も得意なことがなく寂しい日々を送っています。ある日、団長さんが言いました。「白い馬のニジンスキーに芸を仕込めば、一緒にサーカスに出してやろう」。ミハエルは厳しく芸を仕込みますが、馬は姿を消してしまいます。見つけたのはバイオリンが得意なニーナの家の前。中から聞こえてくる音楽に、じっと耳を傾けていたのです・・・。

音楽の好きな白い馬と孤独な少年が、少女のバイオリンで癒されていくおはなし。
ひしゃげた心はなつかしくやさしい音色で、ぺこぺこだったおなかは新鮮なにんじんと焼きたてのしょうがパンで、ふっくりと満たされていきます。
ささめやゆきさんのメルヘンティックな青い絵が、幻想的なサーカスの雰囲気にぴったりとマッチして、読んでいるとこちらまでしあわせな気分に。
音楽と愛にあふれた、異国のちいさな町の物語です。

石津さん・ささめやさんコンビの絵本は、『あしたうちにねこがくるの』もすごく可愛いのでおすすめです。
Author: ことり
国内あ行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -