<< 『やわらかな棘』 朝比奈 あすか*prev
『サーカスのしろいうま』 石津 ちひろ、(絵)ささめや ゆき >>*next
 

『しんとしずかな、ほん』 デボラ・アンダーウッド、(絵)レナータ・リウスカ、(訳)江國 香織

評価:
デボラ アンダーウッド
光村教育図書
¥ 1,296
(2011-01)

しずかさには いろいろある
うちじゅうで さいしょにおきたひとの しんとした しずかさ
こまどりを おどろかせてはいけないときの しずかにしずかに
いもうとが ねむっているときの しーっ
はつゆきの しずかさ
おやすみの キスの しずかさ ・・・

「あっ、このしずかさ私も知っている」 そんな親しいしずかさがいっぱい。
1ページごとに時間がとまってしまったみたいな、思わず「しーっ」てひとさし指をくちびるにあてたくなる柔らかな静寂につつまれた絵本。

しょんぼりしたり、わくわくしたり、夢中になったり。
ぞっとしたり、きんちょうしたり、安心したり。動物たちの表情がとてもかわいいです。
そしてラスト近くのさぼてんの影がこわーい!
「ほらほら、はやくおやすみ」 そうっと本をとじました。

(原題『THE QUIET BOOK』)
Author: ことり
海外ア行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -