<< 『こころの旅』 須賀 敦子*prev
『すずをならすのはだれ』 安房 直子 >>*next
 

『猫ばっか』 佐野 洋子

猫はペットなんかじゃない。実用品、命の恩人ね、と言った友達。点滴の針をつけたまま逃亡し、猫探偵社の男が捜しても帰らなかったクロ。色気に欠ける茶トラにナルシストの白い猫・・・
「あんたも生きているし、私も生きている」
猫を猫以上のものとして愛さずにいられないあなたへ、心あたたまる究極の猫の本、贈ります。

ひょうひょうと柔らかく、ちょっとみだらな猫たちの絵が満載です。
我儘でふてぶてしくて、でも愛さずにはいられないちいさな存在について、奔放な文章でつらつらと記されていく楽しいエッセイ。
猫好きにはたまらない、猫・猫・猫・・・の本。

追悼――
「洋子さんが亡くなったと知った日、『100万回生きたねこ』を読んでまた泣きました。
 あなたがとても好きでした。どうもありがとうございました。」
Author: ことり
国内さ行(佐野 洋子) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -