<< 『恋人たちのいる風景』 O・ヘンリー、(訳)常盤 新平*prev
『失踪家族』 リンウッド・バークレイ、(訳)高山 祥子 >>*next
 

『クリスマスだいすき』 ピーター=スピア

評価:
ピーター=スピア
講談社
---
(1984-10)

本をひらいて、ばーん、とまず目にとび込んでくるのは、うきうきと明るいクリスマス前のショッピング・モール。
柱にリースがとりつけられ、クリスマス・ツリーが飾られ、サンタクロースに扮した男の人が客よせをしています。買いものに来た人びとの喧噪や、大音量のキャロルが聴こえてくるようで、いやでも胸がおどる、そんなふうにはじまる絵本。

飾りつけられた家々、柔らかにあかりの灯った窓。きれいなカードを送ったり、七面鳥をグリルしたり、ツリーを飾ったりしながら、大人も子供も誰もがわくわくとクリスマスの仕度をするのです。
窓のそとには雪がつもり、準備がととのった家を青白く澄んだ空気がつつみます。クリスマスの朝がきて、プレゼントを開ける子供たちのうれしそうな顔、みんなで楽しくいただくごちそうの数々。そして翌日あらゆる片付けが終わったあと、家のそとに出された包装紙や飾りつけの残骸にそぼ降るつめたい雨――。
幸福な時間をこまやかに描いて、そうして迎えるパキっと潔い‘終わり’。ささやかだけれど幸福なピースがひとつひとつていねいに積み上げられて、そうしてすべてがすんだ後まで描かれるから――『雨、あめ』も『サーカス!』もそうでした――、ピーター=スピアさんの絵本は愉しい時間がきらきらときらめき、うしなわれたあともそっと大切にしまわれていると感じるのでしょうね。
にぎやかで、まぶしくて、歓びにあふれ、でもしずかで、ちょっぴりせつなくもあって。
こんな絵本がたまらなく大好きです。

今回私が手にしたのは、日本版『クリスマスだいすき』ではなく、神保町の古書店で購入したフランス版の『Noël』です。
表紙の絵を見たとたん、ひと目で彼の絵本だと分かり、みつけた時はうれしかった。文字のない絵本なので、フランス語が読めなくてもだいじょうぶなのでした。

(原題『Christmas!』)
Author: ことり
海外サ行(スピア) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -