<< 『ある小さなスズメの記録―人を慰め、愛し、叱った、誇り高きクラレンスの生涯』 クレア・キップス、(訳)梨木 香歩*prev
『よるのいえ』 スーザン・マリー・スワンソン、(絵)ベス・クロムス、(訳)谷川 俊太郎 >>*next
 

『ふゆねこさん』 ハワード=ノッツ、(訳)まつおか きょうこ

やわらかな風あいの表紙をめくると、墨色一色の美しい冬枯れの森。
孤独なはいいろ猫と子どもたちの交流が、やさしくしっとりと描かれていく絵本です。

夏の野原で生まれた猫にとって、冬ははじめてのことばかり。
空からひらひら舞い落ちてくる白いもののことも知らないし、冬というものがどんなものなのかも知りません。猫は寒さに身をちぢませながら、にぎやかな子どもたちの姿をただ遠くから眺めていました。
ねこは、こどもたちの こえの きこえるところに います。
「また、あのねこが いるよ。」
「おいで、おいで。」
ねこは、こどもたちに こえを かけられるのは すきです。
でも、そばへ こられると にげだします。

やがてふゆねこさんのおくびょうな心はすこしずつほどけていって――・・・
クリスマスのお祝いがさりげなく背景に描かれる、ほのぼのとしずかな味わいのある物語。うれしいぬくもりが、読後の余韻をつつんでくれます。

(原題『THE WINTER CAT』)
Author: ことり
海外ナ行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -