<< 『よくぞ ごぶじで―きつねのかぞくのおはなし』 ルドウィッヒ・ベーメルマンス、(訳)江國 香織*prev
『クリスマスのまえのばん』 クレメント・クラーク・ムーア、(絵)リスベート・ツヴェルガー、(訳)江國 香織 >>*next
 

『あまりにも騒がしい孤独』 ボフミル・フラバル、(訳)石川 達夫

ナチズムとスターリニズムの両方を経験し、過酷な生を生きざるをえないチェコ庶民。その一人、故紙処理係のハニチャは、毎日運びこまれてくる故紙を潰しながら、時折見つかる美しい本を救い出し、そこに書かれた美しい文章を読むことを生きがいとしていたが・・・
カフカ的不条理に満ちた日々を送りながらも、その生活の中に一瞬の奇跡を見出そうとする主人公の姿を、メランコリックに、かつ滑稽に描き出す、フラバルの傑作。

35年間、プラハの地下で故紙をプレスし続けた男の物語。
心から本を愛していながら、本を潰すことを生業としている哀しい矛盾・・・。不条理にみちた物語を、かろやかなユーモアが不思議なあかるさで照らしだしています。
故紙は思想や文学ばかりでなく、血まみれのダンボールや肉蠅、ネズミまでもふくんでいます。ヘドロのなかから金の粒をみつけるように美しい本を救い出すことは、ハニチャにとってこのうえもない歓び。そんなふうに美しいものと醜悪なものとが物語のいたるところで対比されていく、息詰まる灰色の世界。

世界の焚書官たちが本を焼いたところで、無駄なことだ。そして、もしそれらの本が何か意味のあることを書き留めていたなら、焼かれる本たちの静かな笑い声が聞こえて来るだけだ。なぜなら、ちゃんとした本はいつも、本の外の世界を指し示しているからだ。

地下室で仕事をしながらハニチャは、美しいマンチンカや、ナチスにつれ去られたジプシーの恋人のことを少年のような心で思い出します。ブブヌィに設置された、自分のプレス機の20台ぶんの働きをする巨人的プレスの存在に愕然とします。
当時のチェコの現実や社会的背景が、彼の孤独で繊細な心をどんどん追いつめ、行き場をうしなわせてゆくラスト。ニーチェや老子やネズミや血まみれの紙とともに、自分自身も潰してしまおうと試みる時の、天地を一本の糸でむずぶ凧のイメージ。
東欧ならではの幻想、濃密でグロテスクな美しさにくらくらと酔いました。

(原題『Příliš hlučná samota』)
Author: ことり
海外ハ行(フラバル) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -