<< 『小さなお人形の物語』 デア・ライト、(訳)礒 みゆき*prev
『見えない道のむこうへ』 クヴィント・ブーフホルツ、(訳)平野 卿子 >>*next
 

『ちいさなもみのき』 マーガレット・ワイズ・ブラウン、(絵)バーバラ・クーニー、(訳)かみじょう ゆみこ

森のはずれの一本の小さなもみの木と、ひとりの男の子との出会いと心のふれあいを静かに美しくえがく、やさしさあふれるクリスマス絵本。

みどりと赤とブルーグレイ。3色だけのシンプルな彩色で描かれるきれいな絵。
みんなからちょっと離れて立っているちいさなもみの木と、足がわるくて寝たきりの男の子。孤独なふたつの心がふれあって、どこまでも澄みわたりそうな美しい物語を織りなしています。
クリスマスの夜、辺りは冴えざえと静まりかえり、遠くから歌声がひびきます。
つもった雪、星のひかり、おごそかな気配。やさしさがふわりとみちる、幸福な絵本。

(原題『THE LITTLE FIR TREE』)
Author: ことり
海外ハ行(M.W.ブラウン) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -