<< 『チーズと塩と豆と』 角田 光代、井上 荒野、森 絵都、江國 香織*prev
『どつぼ超然』 町田 康 >>*next
 

『よるくま クリスマスのまえのよる』 酒井 駒子

私の大好きな『よるくま』の2冊めの絵本、クリスマス・イヴのおはなしです。
もう・・・なんてかわいらしい絵本なんでしょう!

「ぼくには サンタさん くるかなぁ。こないのかもしれないね、だって ぼく わるいこだから。きょう ママに いっぱい しかられたから」
そんなぼくをぎゅううってうしろから抱きしめてくれるよるくま、やさしいなあ。
飛行機にとびのり、ブロロロローーーって夜空に飛んでいくシーンが好き。ちいさな頃にもどって、やさしいうでに抱かれている場面も。
おかあさんのあたたかい胸を恋しく思うぼくの気持ちに、きゅんとなります。

いいこでおやすみ。
めざめたら、「メリー・クリスマス」


「よるくま クリスマスのまえのよる」原画展に出かけました。
サイン本です↓
Author: ことり
国内さ行(酒井 駒子) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -