<< 『マリアビートル』 伊坂 幸太郎*prev
『にんぎょうげきだん』 こみね ゆら >>*next
 

『優雅に叱責する自転車』 エドワード・ゴーリー、(訳)柴田 元幸

評価:
エドワード ゴーリー
河出書房新社
¥ 1,050
(2000-12)

それは火曜日より後で、水曜日より前のこと。
一台の自転車が通りかかりエンブリーとユーバートは、旅に出た。
みょうちくりんな冒険のあと帰ってきたふたりが見たものは・・・。

ブレーキもペダルもチェーンもない自転車が、主人公のふたりを座席とハンドルに乗せてすすみます。かぼそい線で描かれたいまにもひしゃげそうな自転車が、鳥のとまる木をすぎ、嵐をぬけ、ワニと出会い、納屋を突きぬけ・・・そして最後に??
表紙をひらけば、そこは不可解でシュールな世界。
とっておきのナンセンス絵本!

(原題『The Epiplectic Bicycle』)
Author: ことり
海外カ行(ゴーリー) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -