<< 『博物誌』〔再読〕 ルナール、(訳)岸田 国士*prev
『さみしいネコ』 早川 良一郎 >>*next
 

『ピスタチオ』 梨木 香歩

評価:
梨木 香歩
筑摩書房
¥ 1,680
(2010-10)

緑溢れる武蔵野に老いた犬と住む棚。
アフリカ取材の話が来た頃から、不思議な符合が起こりはじめる。
物語創生の物語。

読みすすむにつれて、まわりの空気に見知らぬ大地の気配が入り交じります。
これは、このお話は、自伝的小説なのでしょうか。主人公・棚はまるで梨木さんご自身を投影したかのように自然と不自然の境界をさすらい、ゆらぎ、模索するのです。
飼い犬の病気、知人の遺著・・・、棚をアフリカへといざなう抗いがたい大きな力。
再び訪れたそこは、人と精霊とが交信し、呪術や憑依が信じられている神秘の大地――水が木が生命がめぐる、魂たちの楽園。
清らかで美しく、それゆえに怖くもあるこの小説は、遠い空にまたたく手の届かない星みたいで、正直言ってスンナリ理解したり把握したりできるお話ではないと思っています。それでも、大きなゆりかごに守られているような、そんな安らかな気持ちになれた・・・それはやはり梨木さんのもつ言葉の魔力のせい?

人の世の現実的な営みなど、誰がどう生きたか、ということを直感的に語ろうとするとき、たいして重要なことではない。物語が真実なのだ。死者の納得できる物語こそが、きっと。その人の人生に降った雨滴や吹いた風を受け止めるだけの、深い襞を持った物語が。
人生のすべてを受けとめ、死者が安心して眠るための物語。
棚が書き上げた『ピスタチオ』は、いまを生きる私たちに贈られた物語でもあるのだ、そう思いました。
Author: ことり
国内な行(梨木 香歩) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -