<< 『フランシスとたんじょうび』 ラッセル・ホーバン、(絵)リリアン・ホーバン、(訳)まつおか きょうこ*prev
『山のぼりおり』 石田 千 >>*next
 

『フランシスのおともだち』 ラッセル・ホーバン、(絵)リリアン・ホーバン、(訳)まつおか きょうこ

評価:
ラッセル・ホーバン
好学社
¥ 1,020
(1972-01)

フランシスは友達の男の子・アルバートと遊びたい。
でもアルバートはひとりがよくて、妹のグローリアはお姉ちゃんと遊びたい・・・
みんなそれぞれに気持ちがあって、すれ違うところからはじまるおはなし。
女の子だから、という理由で遊んでくれないアルバートにぷんとむくれたフランシスはいじわるな歌をうたい、「おとこのこ おことわり」のプラカードをもって妹と楽しげな運動会を企画しますが――・・・?

またまた、フランシスにとっぷりたっぷり感情移入。
お姉さん風をふかせたり、いじわるされた仕返しをしたり・・・ああ、私もそんな気持ち思い当たるなあって、胸のすみっこがちくんとします。
自分もされてみて、はじめて相手の気持ちが分かる。そうしてつぎはやさしくなれる。そんな体験のなかで、みんななかよしが一ばん楽しいことを知っていく。
読み終わるころには胸の痛みもそっと柔らかなやさしいものにくるまれて、なんだかいますぐ妹に会いたくなりました。

全5巻のフランシスの絵本シリーズ。
私は『フランシスのいえで』と『ジャムつきパンとフランシス』がとくに好き。

(原題『BEST FRIENDS FOR FRANCES』)
Author: ことり
海外ハ行(ホーバン) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -