<< 『恋するひと』 レベッカ・ドートゥルメール、(訳)うちだ ややこ*prev
『セクター7』 デイヴィッド・ウィーズナー >>*next
 

『マンゾーニ家の人々』 ナタリア・ギンズブルグ、(訳)須賀 敦子

評価:
ナタリア ギンズブルグ
白水社
---
(1998-09)

イタリアでもっとも有名な長編小説『婚約者たち』の作者アレッサンドロ・マンゾーニ。
イタリア統一の波乱の時代を生きた、その偉大な文豪(および一族)の生涯を、彼をとりまく人びとの手紙をつなぎあわせひもといたもの。
著者であるナタリア・ギンズブルグさんは、独自の解釈をくわえることで、この本をたんなる伝記や書簡集に終わらせない、ふくらみのあるものに仕上げてみせてくれています。

マンゾーニの母・ジュリア・ベッカリアの章にはじまり、9人もの子をなした天使のような妻・エンリケッタ、「親愛なる友」フォリエル、第二の妻・テレーサ、そして子どもたち・・・マンゾーニをめぐるたくさんの人生がたんたんと描かれ、そして後半は大きな流れにそっとうかべられたたよりない小舟のような、彼の孤独が少しずつ浮き彫りにされてゆきます。
結婚、子の誕生、別れ、そして、死――ギンズブルグさんが書かれるお話にかかせない‘家族の絆’は19世紀の北イタリアの貴族たちにももちろんあって、そのことにふれたから彼女はこの本を書こうと思ったのかしら・・・そんなふうにも思えた私。
家族だからこそ生まれる、その複雑な感情の描かれ方はほんとうに巧みです。美しく繊細で、時に厄介で面倒で・・・家族とはなんて不思議なものなのでしょうか。
マンゾーニにとって、テレーサの死は、悲しみであると同時に、救いでもあったにちがいない。その二つの感情が混然とまざりあって、なにか不明瞭な苦痛となって残った。(中略)彼にとって、彼女はいろいろなものの混り合いであり、煩しさと可愛さ、タマリンドとカシス、また生クリーム入りのコーヒーであり、オポデルドッグの匂いであった。それに、レーサ、モローネ街で共にすごした長い年月があった。その歳月はときにはアンニュイに満ちてはいたが、それでも生活にすっかりこびりついていて、それを記憶から無理に引剥がそうとすると、血が流れた。

私はイタリア史に詳しくないし、詳しければもっとちがった深い読み方ができたのでしょうけれど、それでも読み物としておもしろく、長い時間(3か月ほど)をかけて意味のある読書ができました。
訳者あとがきで語られている須賀さんの熱い思いが、たとえ少しでも、きちんと受けとめられていたならうれしい。

(原題『La famiglia Manzoni』)
Author: ことり
海外カ行(ギンズブルグ) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -