<< 『音もなく少女は』 ボストン・テラン、(訳)田口 俊樹*prev
『おとぎのかけら―新釈西洋童話集』 千早 茜 >>*next
 

『軽いめまい』 金井 美恵子

評価:
金井 美恵子
講談社
---
(1997-04-10)

都会のマンションで暮すあなたと隣人たちの日常生活。
小さな事件とささやかなこころ忙しい出来事が軽いめまいのようにまたひとつ。繊細絶妙のユーモアとしなやかな独自の文体辛辣豊潤な言葉の魅力。読む愉しさを伝える長篇小説。

なんて心細い、あえかなタイトル。
およそ変化の乏しい日常生活で感じてしまう――「軽いめまい」。
主人公の主婦・夏実には、台所の蛇口から流れる水が渦巻くのを見つめているうちに襲ってくる、すい込まれるような軽いめまい以上に大きな事件は起こりません。
夫婦なかよく、二人の子どもはすこやかに育ち、友人に恵まれ、単調な家事もいそいそと楽しく・・・それでもふと、 夫のなんでもない言葉の端に苛立ち、女子高以来のグループの集まりでは自分だけが専業主婦であることに劣等感をおぼえ、ほかのみんながカジュアルなファッションで自分はよそゆきの服装だったことが後悔の種となる・・・そんな日常のこまごまとした細部が描かれてゆきます。
お話を読んでいると、生活――ひいては人生というのはそういう小さな一喜一憂から成り立っている、そのことを思い起こさせてくれるはず。

そしてやはり語らずにいられないのが、金井さんの息の長い文章。ともすれば一文が2ページにおよんでしまう言葉のつらなり、そのうねりと美しさはもはや芸術です。
這うように蛇行する文体は、蛇口からきらきらとほとばしる水の紐にからめとられた心細い視線から、一主婦の人生をうつし出すのにほんとうによく似合う。
長い人生をただなんとなく生きてきた女の人を、時々襲ううっすらとした軽いめまい。なまなましさと、心がくらりとゆらぐ瞬間がいくつも切りとられているお話は、‘ありふれた主婦’である私の心にしんみりとひびいたのです。
Author: ことり
国内か行(金井 美恵子) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -