<< 『ワニ―ジャングルの憂鬱 草原の無関心』 梨木 香歩、(絵)出久根 育*prev
『灰かぶり―グリム童話』 矢川 澄子、(絵)宇野 亞喜良 >>*next
 

『おやすみなさい フランシス』 ラッセル・ホーバン、(絵)ガース・ウイリアムズ、(訳)まつおか きょうこ

アナグマの子どもフランシスは、いろいろ理由をつけていつまでもねむろうとしません。
どこの子にも思いあたる話を、ほほえましくとらえて柔らかい鉛筆で描いたかわいらしい絵本です。

ふふふ、くすくす・・・。かわいらしさに思わずにっこりしてしまう絵本。
私も子どもの頃、眠りにつくまでの時間がとても怖かったのを思い出しました。部屋のすみにぼんやりうかび上がるなにかのかたち。天井のかべがみの奇妙な模様。そんな、昼間ではきっとなんでもないものたちが夜の闇のなかではやけに怖ろしげにみえて、なんどお父さんやお母さんのところに行ったことでしょう。
甘えんぼうでこわがり屋のフランシスにシンパシィ。
ひとつひとつゆっくりていねいに受け答えしてくれるお父さんとお母さんも素敵です。
だけど、ちゃんと一人で眠ったフランシスは偉いな。私はそんな夜はいつもお父さんとお母さんのあいだで眠ったから。

(原題『BEDTIME FOR FRANCES』)
Author: ことり
海外ハ行(ホーバン) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -