<< 『百年の家』 J.パトリック・ルイス、(絵)ロベルト・インノチェンティ、(訳)長田 弘*prev
『アリスのふしぎな夢』 ルイス・キャロル、(絵)マルト・スガン=フォント、(訳)すえまつ ひみこ >>*next
 

『バイバイ、ブラックバード』 伊坂 幸太郎

主人公は、五股(!)をかけている、優柔不断を絵に描いたような星野一彦。
若者らしさと成熟した大人の雰囲気をあわせ持ち、いつのまにか女の人を惹きつけてしまう。こんなにもずるいのに、でもどこか憎めない天然系男子。
彼には多額の借金があるらしく、2週間後に<あのバス>に乗せられ、どこかおそろしい場所へつれて行かれることが決まっています。そこでお目付け役の巨漢女(身長180センチ・体重180キロ)繭美を偽りの婚約者に仕立て、5人の恋人たちにさよならの挨拶に行く――「あれも嘘だったわけね」から始まる別れ話のストーリー。

このお話について語るなら、まずは読み手までもグイグイと威圧してくる繭美の並みはずれたもの凄さ(ああ、なんと言えばいいやら・・・)。
なにもかもが規格外で、他人に屈辱を与えたり絶望を感じさせたりすることがなによりの快感、そんな繭美に嫌悪感をおぼえつつも読んでいくと、だんだん彼女のことが分かってくるのだから不思議です。もちろんけっしていい人ではないのだけれど、その‘生態’がだんだん見えてくるというのかな・・・それもまた伊坂さんの書き方の巧さなのでしょうね。
まるで怪獣のような繭美に相反するように、人のよい五股男・星野と、彼に惹かれた5人の恋人たちが魅力的に描かれています。私は3話めのロープの女の子・ユミちゃんが一ばん好き。こんな楽しいコがちかくにいたら、世界がちがって見えるだろうなあ・・・。あと、2話めに登場した海斗くんもかわいかった。

人を食ったようなありえない設定と、ぽんぽんはずむ洒脱な会話。
くすりと笑える場面がいたるところにちりばめられて、たくさんの伏線をつぎつぎ拾っていくのは心憎いほどに‘伊坂ワールド’。ほんのりセンチメンタルなぶぶんもにじませていて、それがまた素敵なのです。
「常識」とか「気遣い」とか「人助け」とかの単語がことごとく塗りつぶされた、繭美の小さな辞書には笑ってしまいました。
そしてなにより、繭美の人間らしい一面がちょこっとだけかいま見えるラストがいい。
・・・このあと、どうなったかな――・・・
Author: ことり
国内あ行(伊坂 幸太郎) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -