<< 『鍵穴の花園』 樋上 公実子*prev
『いいなづけ―17世紀ミラーノの物語』(上・中・下) A・マンゾーニ、(訳)平川 祐弘 >>*next
 

『まど・みちお画集 とおいところ』 まど・みちお

評価:
まど・みちお
新潮社
¥ 3,360
(2003-11-15)

まど・みちおさんの詩画集です。
まどさんの目はやさしくて、注意深くて、いつもおどろきに見開かれています。
そのことばと絵は、夕焼けみたいなせつなさで、ぽっかり明るく心におちる。
どこか遠くのなつかしい場所に誘われて、心細いうちに研ぎ澄まされる・・・そんな不思議な感覚がしました。

『とおい ところ』、『いちばんぼし』、『ことり』、『どうして いつも』、『リンゴ』、『シソのくき』、『地球の用事』・・・好きな詩がいっぱいです。
すいよせられそうな抽象画や、かわいらしいスケッチの数々も。
まどさんという人は、のびやかでセクシーな人だと思う。

そらの
しずく?

うたの
つぼみ?

目でなら
さわっても いい? (『ことり』)
Author: ことり
国内ま行(その他) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -