<< 『ほたるホテル』 カズコ・G・ストーン*prev
『古書の来歴』 ジェラルディン・ブルックス、(訳)森嶋 マリ >>*next
 

『コルカタ』 小池 昌代

評価:
小池 昌代
思潮社
¥ 2,100
(2010-04)

‘ことば’で表現されていくインドの風土、音のうず、熱気の匂い。
耳慣れないインドのことばも、小池さんの手にかかると親しみのある音に変わって、心にぽとっと落ちてくるからふしぎです。

ドクドク、ウゴウゴ、ことばが湧き、ことばがうねる。
小池さんの詩にはいつも、命の力がそなわっている。

山際、ふるえ 波、わななき
夕ぐれの河に 陽が濡れる
雲が 砂が ああ、うごく うごく
ごく、えもう、もう
ああ、おいえ、もう (『雨と木の葉』より)
Author: ことり
国内か行(小池 昌代) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -