<< 『短篇集』 (編)柴田 元幸*prev
『月の花』 アイナール・トゥルコウスキィ、(訳)鈴木 仁子 >>*next
 

『歪み真珠』 山尾 悠子

評価:
山尾 悠子
国書刊行会
¥ 3,024
(2010-02-25)

なんて美しい書物、なんて美しいことばの渦・・・
まずはその外観の美しさに息をのみ、ふわりとまといつく妖気のようなものにうっとりと酔いました。頁をめくる手指すら、その気品にためらってしまうなんて。

喩えようもなく典雅な文章で、中世の異国からきらびやかな光と意匠をもってとどけられる幻想譚の数々。ひんやりとした静けさ、蒼い海のゆらぎにうつってはかき消され、かき消されてはうつし出されるレースのような伽藍の影。危うい夢魔に、危ういと知りつつ惹かれてしまうのは、なぜなんでしょう。
この本を読んでいるあいだは、長く遠い回廊をさまよって、「冬寝室」のつめたいまどろみのなかでいくつもの夢を渡り歩いている、そんな美しい眩暈にみちた贅沢な時間でした。

私はいつも遠くから、夫の書斎の窓から、見るともなくその一部始終を眺めていた。視線をわずかな角度だけ外して戻すと姿が消えている、あるいは何度も復元と消失を繰り返すことがあり、生きているものではないことはよくわかっていた。ところどころもったりと波打ちを含んだガラス越しの光景は微妙に歪み、希薄な陽光に飾られたフウの林はいつも捉えがたく焦点がぼやけていた。葉陰になったむすめの色のない髪や曖昧な眉目は肌に滲むようで、差し出された露わな両腕は白く、よく見ると長い薄衣を胸元で締めていた。(『ドロテアの首と銀の皿』)

歪んだ世界こそがもちうる‘美’――哀しみや痛みさえも虹色の憧れに変え、読む者を惑わせる15粒のバロック真珠たち。
心の水鏡が涼やかに照らしだされていくみたいです。音もなく、ただひそかに。
Author: ことり
国内や・ら・わ行(山尾 悠子) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -