<< 『つづきの図書館』 柏葉 幸子*prev
『『秘密の花園』ノート』 梨木 香歩 >>*next
 

『どちらでもいい』 アゴタ・クリストフ、(訳)堀 茂樹

評価:
アゴタ クリストフ
早川書房
¥ 1,470
(2006-09)

夫が死に至るまでの信じられないような顛末を語る妻の姿が滑稽な「斧」。廃駅にて、もはや来ることのない列車を待ち続ける老人の物語「北部行きの列車」。まだ見ぬ家族から、初めて手紙をもらった孤児の落胆を描く「郵便受け」。見知らぬ女と会う約束をした男が待ち合わせ場所で経験する悲劇「間違い電話」。さらには、まるで著者自身の無関心を表わすかのような表題作など、全25篇を収録。祖国を離れ「敵語」で物語を紡ぐ著者の喪失と絶望が色濃く刻まれた異色の短篇集。

訳者あとがきに「アゴタ・クリストフは言葉に色を着けない。」という一文がありますが、まさにそう。彼女がつむぎ出す文章は一貫してモノクロームで、そしてひとつとしてよけいな装飾がありません。
この短篇集は、1970年代から1990年代前半頃までの彼女のノートや書き付けに埋もれていた習作を編集者が発掘し、まとめたものだそうです。光の届かない場所で、他人をよせつけず、鋭くとがったひややかな文章からは、彼女の人生そのものが喪失の闇に沈み、孤独や絶望と親しくなりすぎてしまった・・・そんなつらく哀しい印象を受けました。だって、どのお話にも救いがないのですから。
自身の人生から、怒りや痛みを結晶し世に突きつけたものが『悪童日記』なら、ここにあるお話たちはそのカケラ・・・これらもまた、彼女の人生の一部なのでしょう。

(原題『C'est égal』)
Author: ことり
海外カ行(クリストフ) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -