<< 『恋する魔女―ロマンティックで残酷な物語』 立原 えりか*prev
『ほとんど記憶のない女』 リディア・デイヴィス、(訳)岸本 佐知子 >>*next
 

『しろい虹』 石田 千

評価:
石田 千
ベストセラーズ
¥ 1,680
(2008-01-26)

ぽろん・・・ぽとん・・・ぽろん・・・
雨だれのような短いセンテンスで、ほのほのと描かれていく日常。
ぽろん・・・ぽとん、の「・・・」のぶぶん、そのあわいに心をすますとそこにもいろんな音がする。石田さんのいろんな思いがゼリーみたいに転がっている。
お茶の時間によばれたり、コトコトと煮炊きをしたり、銭湯にかよったり、窓から雲をながめたり・・・。生活と、記憶と、青虫や猫たちの息づかいと。

どこか心もとない、とるにたらない日々のすきま。
ほっこり幸せで、しんみりと切なくて。
ゆるやかに流れていく日々の時間をそっと切りとってみせてくれるこんなエッセイはちいさなシアワセを見逃さず、感じること、それがこんなにも人生を豊かにするのだと教えてくれます。
ありふれた日常がぐっと深まり、ナナイロの彩りをもって感じられるのです。
Author: ことり
国内あ行(石田 千) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -