<< 『わたしの美しい娘―ラプンツェル』 ドナ・ジョー・ナポリ、(訳)金原 瑞人、桑原 洋子*prev
『バルバルさん』 乾 栄里子、(絵)西村 敏雄 >>*next
 

『コトリトマラズ』 栗田 有起

評価:
栗田 有起
集英社
¥ 1,575
(2010-03-05)

勤務先の社長と密かに付きあう華。彼の妻の入院で、ふたりの関係は変化する。そんな華が思い起こすのは「母が死体にキスをした」遠い日の記憶。老いゆく母にも秘められた物語があったのかもしれない。
揺れる心を細やかに描く恋愛小説。

まったく、なんて狂おしく、なんて息苦しいお話なんだろう。
主人公は29歳独身の華。家庭のある上司と恋をして4年、ついにものごとは転がりはじめ、その折々の感情がせつせつと吐き出されていく物語です。

小説を読むことは、言いかえれば‘他人の目を通して世界を見る’こと。
それがこんなふうになまなましく素のままに描かれてしまったら、心がどんどん華の気持ちに侵食されて、私はみるみるつらく暗い気持ちになってしまいました。
「不倫」という言葉がつり合わないくらい、華の愛し方はとても謙虚です。だけど不倫ってやはり、誰ひとりシアワセにはなれないし、身も心もこんなにボロボロになってしまうのですね・・・。会えない淋しさや奥さんへの罪悪感に押しつぶされそうになって、わざとからだを酷使したり、お酒をたくさん飲んだり――・・・、
先のみえない恋の絶望がヒリヒリとせつない。

栗田さんの小説にいつもある‘いっぷう変わった奇妙な空気’がこのお話ではなりをひそめ、そのぶん恋の苦しさがストレートに伝わってきます。
ひとつの関係をめぐり、冷静と情熱のはざまで痛々しいほどに惑い悩む華ですが、それでも読んでいて救われるのは、そばで話を聞き、見守り、穏やかな表情で自分の考えを話してくれる素敵な友達がいたこと。
私もカヨのように、たいせつな友達がつらい時にはそっと支えてあげられる人になりたい、そう思いました。
Author: ことり
国内か行(栗田 有起) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -