<< 『おてんばルル』 イヴ・サンローラン、(訳)東野 純子*prev
『真昼なのに昏い部屋』 江國 香織 >>*next
 

『愛その他の悪霊について』 G・ガルシア=マルケス、(訳)旦 敬介

評価:
ガブリエル ガルシア=マルケス
新潮社
¥ 2,100
(2007-08)

余りにひたむきな愛の純情。それは悪魔の仕業なのか?
愛は襲いかかり、愛は奪い去る。
残されたのは生の苦悶、死の情熱とこの美しき一篇の哀歌。

サンタ・クララ修道院の納骨堂から22メートルもの髪を生やした少女の頭蓋骨が見つかったことと、子供のころにおばあさんから聞かされた‘狂犬病で死んだ長い髪の侯爵令嬢の伝説’。そのふたつを結びつけてこの物語は生まれた、冒頭にはそう記されています。(どこまで事実なのかはまたべつの話)
12月の最初の日曜日、額に白い斑点のある灰色の犬に咬まれた侯爵令嬢シエルバ・マリア。背丈よりも長い髪をもつ少女はやがて狂乱し、悪魔憑きとみなされ修道院に収容される・・・。抑圧された人びとの葛藤を独特の豊饒なエピソードで描いた、18世紀半ばラテンアメリカ植民地時代のカルタヘーナの物語。

『ラプンツェル』を思わせる長い髪の少女を中心においた悲恋のストーリーも、「狂犬病」「悪魔祓い」「異端審問」・・・これらのまがまがしいキーワードがからまることによって、魔術的な南米の物語にすっかり様変わり。熱を帯びた濃密な空気が、糞尿や悪臭に汚染されて、鬱屈としたイメージが離れないのです。
迷信のせいで悪魔憑きとされた少女と、悪魔祓いのために彼女に出逢った神父。ふたりの純愛は運命の歯車に翻弄されて――・・・

まだシエルバ・マリアに出逢う前にカエターノ・デラウラ神父がみた夢の描写、
ごく単純な夢だった。デラウラは、シエルバ・マリアが雪に覆われた原野の見える窓の前にすわって、ひざにおいた葡萄をひと粒ずつむしって食べているのを夢に見たのだった。彼女が葡萄の粒をひと粒むしると、房にはすぐさまもうひとつ実が芽生えた。夢の中では少女がその無限の窓の前にすわって、何年もその葡萄の房を食べ終えようとし続けていることが明らかで、また、急いでいないことも見てとれた。なぜなら、最後の葡萄には死があることを彼女は知っているからだった。
この描写に呼応するラストシーンが哀しすぎてせつなすぎて、胸が痺れました。
それはきっと悪霊さえも愛の力にはかなわなかった瞬間・・・。ラスト数行の残像は、なかなか消えないかも。

(原題『Del amor y otros demonios』)
Author: ことり
海外カ行(ガルシア=マルケス) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -