<< 『夜の来訪者』 プリーストリー、(訳)安藤 貞雄*prev
『ほわほわ さくら』 ひがし なおこ、(絵)きうち たつろう >>*next
 

『蜜のあわれ』 室生 犀星

評価:
室生 犀星
小学館
¥ 2,310
(2007-06-12)

金魚と少女の間を自在に往還するコケティッシュな「あたい」と、老作家「おじさま」の奇妙な交流。そして、そこにひそやかに訪れる「ゆうれい」の女性の影。室生犀星が晩年に発表したこの小説は、男女の情の切なさ、性欲や愛情のかなしさを、シュールな設定で耽美的に描いた作品です。なかやまあきこ撮影による金魚・花・少女の写真との美しきコラボレーションで、犀星の傑作がいっそう鮮やかに蘇ります。

こっくりと鮮やかな色彩と美しいことば・・・可憐なあめ細工を思わせる佇まい。
金魚の「あたい」と人間の「おじさま」。花の蜜のように甘く妖しい戯れを、対話のみで描き出したいっぷう変わった物語です。

わがままを言ったりおねだりをしたりして、いつも「おじさま」を困らせる少女は金魚の化身。ある時はみずみずしい肌をもつ二十歳ほどの少女、ある時はシフォンのような朱い尾ひれをひらめかせ、変幻自在に姿をかえてはくるくるとまといつきます。
そんな彼女をいとおしそうに可愛がり、まるでちいちゃなお姫さまのお相手をするように接する「おじさま」との関係がうっとりするほどほほえましいのです。
「おじさま、あたいも外に出ると大したお嬢様になって見えるらしいわね、驚いちゃったでしょう。」
「ちっとも驚かないよ、きみが令嬢でなかったら、令嬢らしい者なんて世界に一人もいないよ。」

お話が進むにつれ、どんどんとエロティックな空気を帯びてくるのもたまらなく好き。
時おり金魚がくすぐったいくらいかわいらしいしぐさをするのでドキドキします。
そういえばこれ、江國香織さんの『ぼくの小鳥ちゃん』を色っぽくした感じかしら?
「あたい」のほうが、小鳥ちゃんよりもっとずっと‘おんなおんな’しているけれど・・・、でもふたり(2匹?)ともおすまし屋でヤキモチやきで意地っぱりで、しゃあしゃあとしたところなんかそっくりかもしれません。うふふ。

「きみはいま、おじさんのふとももの上に乗っているでしょう、そして時々そっと横になって光ったお腹を見せびらかしているだろう、それでいて自分で羞かしいと思ったことがないの。」
「ちっとも羞かしいことなんか、ないわよ、あたい、おじさまが親切にしてくださるから、甘えられるだけ甘えてみたいのよ、元日の朝の牛乳のように、甘いのをあじわっていたいの。」
Author: ことり
国内ま行(室生 犀星) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -