<< 『たいせつなこと』 マーガレット・ワイズ・ブラウン、(絵)レナード・ワイスガード、(訳)うちだ ややこ*prev
『夜の来訪者』 プリーストリー、(訳)安藤 貞雄 >>*next
 

『カッコウの卵は誰のもの』 東野 圭吾

スキーの元日本代表・緋田には、同じくスキーヤーの娘・風美がいる。母親の智代は、風美が2歳になる前に自殺していた。緋田は、智代の遺品から流産の事実を知る。では、風美の出生は? そんななか、緋田父子の遺伝子についてスポーツ医学的研究の要請が・・・。さらに、風美の競技出場を妨害する脅迫状が届く。複雑にもつれた殺意・・・。超人気作家の意欲作!

「遺伝子」「ウィンター・スポーツ」、そして「事件」。
東野ミステリーならではのキーワードを、父娘の絆や少年の葛藤、研究にかける科学者の熱い思いがつないでいます。
少しずつ明かされてゆく過去、ひとりの少女の出生の秘密。二転三転する展開から目が離せなくなって、いっきに読みました。
でも最後まで読み終えて、「そういうことだったのね」と分かったとたんに頭をもたげるいくつかの疑問・・・。だったらあの人はどうしてあんなことしたんだろう、これくらいの理由でそこまでするかしら? そんなふうに思うのは、この小説と私自身の感性のズレなのかも。
東野さんは、書き方が抜群に巧いので、ついつい引き込まれてしまいますね。
Author: ことり
国内は行(東野 圭吾) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -