<< 『巨匠とマルガリータ』 ブルガーコフ、(訳)水野 忠夫*prev
『空の飛びかた』 ゼバスティアン・メッシェンモーザー、(訳)関口 裕昭 >>*next
 

『いろいろな人たち―チャペック・エッセイ集』 カレル・チャペック、(編訳)飯島 周

評価:
カレル・チャペック,飯島 周,Karel Capek
平凡社
¥ 1,223
(1995-03)

うちに帰るとお風呂に入り、あたしは本のつづきを読んだ。『いろいろな人たち』は、ところどころに絵の入ったエッセイ集。すごくおもしろい。
(『神様のボート』より)

つい一週間ほど前にも再読した江國香織さんの『神様のボート』。そのなかで、草子が読んでいる本です。
『男と女と日常生活』、『文化と社会』、『政治的動物』の大きく3つの章から成っているエッセイ集で、チェコの新聞『ナーロドニー・リスティ』と『リドヴェー・ノヴィニ』の二紙に掲載されたコラム記事から編訳されたというもの。

チャペックさん流のちょっと(?)偏った視点からつむぎ出される‘人間観察’エッセイは、たっぷりのユーモアと風刺がほんと可笑しくて、とくに第1章に入っている『歯根膜炎について』のお話なんてくすくすくすくすもう笑いっぱなし。
けれど第2章『文化と社会』のとちゅう辺りから、あれ?ちょっぴり話題がこむずかしくなってきたかな?と感じ始め、第3章では政治論や民主主義の精神論などのオン・パレード。ざんねんながら私にとっては退屈なものになっていってしまいました。
第2章のとちゅうから、というのは変なタイミングだし私の気のせい?とも思ったのだけど、そういえば兄・ヨゼフさんのほのぼのたのしいイラストも、私が「あれ?」と思い始めたちょうどその辺りから忽然と、綺麗さっぱり描かれなくなっている・・・これってあながち気のせいでもないのかも・・・。
「ところどころに絵の入った」ところまでは、うん、とってもおもしろかった!
Author: ことり
海外タ行(チャペック) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -