<< 『ケッヘル』(上・下) 中山 可穂*prev
『初恋温泉』 吉田 修一 >>*next
 

『Presents』 角田 光代

評価:
角田 光代,松尾 たいこ
双葉社
---
(2005-12)
たった一度きりの人生。
そのなかで、私たちはいったいどれほどのプレゼントをもらうのでしょう。
プレゼントはけっして品物だけにとどまりません。品物はいつかなくしてしまうことがもしあっても、そこに託された贈り主の想い、受けとったときの気持ち、贈り主との関係、記憶、時間――それらは永遠に残っていく。それらすべてをひっくるめたものが「プレゼント」。私たちは、そんなたくさんの人からもらった膨大なプレゼントを糧にして、毎日毎日生きてきたし、これから先も生きていくんだなぁ・・・。
ああ、じんわり嬉しくて、なんだか涙が出そう。

『名前』、『ランドセル』、『初キス』、『鍋セット』、『うに煎餅』、『合い鍵』、『ヴェール』、『記憶』、『絵』、『料理』、『ぬいぐるみ』、『涙』。12このプレゼントと、それにまつわる人生をきりとった物語たち。
不確かな人生、揺れる思い。選んできたつもりでも、流されて今ここにいる自分。
けれど12人の主人公たちは、今だからこそ、贈られたものものにこっそりしまわれていた‘大切な何か’の存在に、気づくことができたのではないかしら。

私はあのとき、いったい何をもらったんだろう?

私はこの本が、これまで読んできた角田さんの本のなかで一ばん好き。
松尾たいこさんの挿絵もとても素敵で、まるで包装紙みたいなラッピング(装丁)がほどこされたこれは、きっと‘本の神様’が私にくれたプレゼント・・・読んでいるだけでそんな気がしちゃう。
大切なひとへの贈りものにもおすすめの一冊です。こんなすてきな本をいただいてしまったら、それがまた記憶になって、気持ちが生まれて、もうひとつ別のお話ができてしまうかもしれませんね。
Author: ことり
国内か行(角田 光代) | permalink | - | -
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -